「かみわざ名刺」で開運できる理由

九星気学では人が誕生した年に、気学盤の中宮に回座していた星を、その人の本命星とします。(宿命星)
この本命星は1か所にとどまることなく九つの宮を不変のルールに基づいて規則正しく移動し続けます。

本命星にとっては、平穏無事で快適な宮ばかりではなく、様々な試練や困難を暗示する宮も避けては通れません。
人生という旅路に、吉と凶が交錯するのはそのためでもあるのです。

「かみわざ名刺」では、起伏の激しい運勢をいかなるときにも吉作用に転化できるように、それぞれの本命星がその年に回座する位置に刻印し、あらゆる苦難を克服する「氣」を刷り込みます。

五芒星を囲む円周は、すべてのものごとが円滑に進む「相生」の流れを象徴したものです。障害を回避するだけでなく、各人を取り巻く環境や人間関係も好ましい形に調整する開運「かみわざ名刺」で自らの運勢を大きく開運し、良い運気を招き寄せることが可能になるのです。

ご注文・ご注文はこちら